はるかぜ

気ままてきとう雑記。

 さて、
三重県でも昨月21日の57件を皮切りに、
まー…新型コロナ感染者数がそこそこまずいペースで増加しはじめ、
4月26日に、おそらく2度めの「緊急警戒宣言」が発令されました。
おそらくて…
飲食店への要請もあり、
帰宅時に見えてくる飲食店は、
持帰りのできるマクド等、ごく一部を除き軒並み閉まっており、
いつもは明るい道が、暗く感じられます。

 要所要所のお休みシーズン後に、
毎度毎度これほど拡がっておるのを見ると、
まーた我慢でけんかったんだろうなぁ…と、
しみじみ感じています。
あたしゃ世間が休みの時は仕事なので、
どっこも行かりゃしまへん。
家電量販店勤めなので…
しかし、さすがに懲りた(?)のか、
それとも、集うところが休みになっていて、行く当てがないだけなのか、
このたびは、もうびっくりするくらいお客さんが来ない。
売上が上がらんことを、一介のパートタイム野郎が心配するこたないのですが、
やることを見つけるのがしんどいレベルで、お客さんが来られんのです。
いっそGWは休みにすりゃあええんでは…


 ただまぁ、
休みごとにお約束のように拡がるのを見るに、
人の集まるところは閉めたほうがいいに決まっておるわけで、
そして、
開いておったとしても、用事がなけりゃ行かんようにすればいいわけで、
この店の状況は、まぁええことの表れなのかな、
と、
文章を打ちながら思っています。

ナショナル バッテリークロック(モータ式自動巻)

 …悪い癖は治らないもので、
そろそろやめておかないと、部屋が時計まるけに…なのですが、
某所で面白そうな時計を見つけてしまったので、
うっかり手を出してしまいました。




ナショナルのバッテリークロック。
 ナショナルのバッテリークロックです。
ナショナルの電池時計と言われると、
こんな時計を連想するのですが、
こいつは、ジェコーの「モーター式自動巻き時計」の親戚っぽい立ち位置です。
「モーター式自動巻き時計」っていう商品名が巧すぎて、
ちょっとほかに表現が思いつかないので、
タイトルにも括弧書きで併記しちゃいました…
ただ、
ジェコーのロスコフ脱進機(ピンアンクル)と違って、
こちらはしっかりレバー脱進機を採用しているので、
ジェコー製と比べると、長持ちしそうな感じです。




地板にCITIZENの刻。
 ナショナルの銘を冠していますが、
実は、機械の一部はシチズン製です。
もしかしたら、全部シチズン製かもしれませんが…
脱進機構がユニットになっていて、別に外せるのですが、
地板に「CITIZEN」と打刻してあります。




組立て後の機械。
ついでに言うと、
モータはジェコー製です。
こちらも、モータの側に打刻してありました。
あれ、ナショナル要素どこっすか…

 今回、この時計は不動品として入手しましたが、
不動の直接の原因は、モータでした。
ブラシと接点を掃除して、
軸とベアリングを掃除して油を差したら、
いちおう動きました。
とはいえ、
機械もけっこう汚れていたので、
分解掃除しておきました。
ホゾ穴が広がっている箇所があったのですが、
今のところ運転に支障がなさそうなので、そのままに。




分解。
 ジェコーのモーター式自動巻き時計は、ロスコフ脱進機で音が出るし、
各社テンプ式トランジスタ時計は、
独特の脱進機構で秒針が揺れるので、音がうるさいのが多い。
その点、このナショナルの時計に関しては、
レバー脱進機を採用しているためか、比較的音が小さくていい感じです。
(私は時計の音で寝ているようなもんなんで、やかましくてもいっこうに構わんのですけど)

ただ、ジェコーが一枚上手かなと思うのは発條のほうで、
ジェコーが、切れとは縁のなさそうなピアノ線を採用しているのに対して、
ナショナルは、おそらく一般のゼンマイを使っているものと思われます。
思われます、なんて書きましたが、
この時計、けっこうはめ殺しが多くてですね…
あからさまに香箱っぽいのがあったので、ほぼ間違いないと思います。
ゼンマイを巻く間隔は、
ジェコーが2分にいっぺん、0.5秒ほどだったのに対して、
ナショナルの時計は…2時間にいっぺん、20秒ほど巻きます。 たぶん。
いや、長すぎて常用中に確認なんて時間忘れますって…
こんな仕組みなので、
ジェコー製に比べると、輪列にかかる力がかなり大きく、
ホゾ穴は通常のゼンマイ時計と同じように磨耗していくものと思われます。

------------

 某所っちゅうか、
某オークションで見つけてしまったわけなのですが、
Nマークもさることながら、
汚れた機械側の風防越しにモータっぽいのが見えて、
「BATTERY CLOCK」、
「モータ」、
4石ではなく「7石」、
…え、
これレバー脱進機なのでは…?
と思って、
おりしも、
シチズンが作っていたという、
レバー脱進機のトランジスタ時計を探していたというのもあって、
近いものを感じて居ても立っても居られなくなった、
というわけでした。
機械シチズンでしたけどね…!

平成23年3月11日という日

 30歳を目前にして、
体力の衰えを感じている善三郎です。
…実は29あたりから、
「こんなはずでは」
が徐々に増えてきておりましてですね…
職場のかた2人から、
口裏合わせでもなんでもなく、全く違うタイミングで、
「人間な、29あたりで変化を感じる」
というのを聞いておりましたので、
ほんまにこの頃あかん、
あれは本当やったんやな…と、
今年30になる私と、29になる同僚とで話しておりました。 やべえ。

 前置きはこのくらいにしておいて、
あれから10年が経ちました。
ブログを読み返したら、
平成23年3月11日は、どうも午前中に梅田へ出ていたようですね。
予備校関係かしらん…
ちゃんと記憶に残っているのは、
その日の14時ごろ、地元の郵便局に書留を出しに行った、ということです。
たしか…というかまぁ書留なんて大学宛にしか使ったことがありませんので、
おそらくこの時期ですから、
前期試験の成績開示かなんかを送ったんじゃないでしょうか。

14時39分のレシート。

それが14時39分。
郵便局から家へ戻り、
寝床の上で、あーつかれたなんて言っていたら、
急に眩暈がして、
(そんなに疲れてたかな…気持ちわる…)
と思ったそれが、地震でした。
こないだ車でラジオを聴いていて、
新潟のかたが「最初眩暈だと思った」とお便りを寄せていましたが、
ほんとう、
眩暈のような、ゆったりした揺れでした。

あのあと私は、
つながらない気象庁のHPへ、間隔をあけて訪れ続け、
潮位変動や余震の震源地などの情報収集をしていました。
仕事から帰ってきて、津波の映像を見て泣き出す母、
なんにも言えん雰囲気になったのを憶えています。
ブログ友達に仙台のかたもおりましたので、
コメントが書かれているのを見て大変安堵した、というのもありました。
3月には、初めて東京に行くなんていう計画も立てておりましたが、
家族が自粛モードになったため、すべて中止。
全国的にも自粛モードになる傾向があったようで、
一時期、「自粛ムード」というのが流行語になるのでは、
と思ったほどでした。

10年も経てば、記憶が薄れるのは当然です。
正直、去年あったことすら覚えちゃおりません。
ただ、じゃあ忘れていいのかと言えばそうではなくて、
兵庫県南部地震にしろ、
鳥取県西部地震にしろ(小学生の掃除時間で埃を頭にかぶった記憶が…)、
はたまた原爆や戦争のことにしろ、
大事なのは、何を憶えておくかってことだと思います。
記憶というと、風景を連想しがちで、
確かにそこにおったのであれば、思い起こすのもできると思うのですが、
新しい世代はそうもいかんわけで…
いくら言われても、
写真や動画を見せられても、
いまいち入ってこなかったりする。
じゃ、何を伝えていくべきなのか。
そこをしっかり考えておられる方々には、
ほんとうに頭が下がる思いです。

UQ mobileのSIMカード変更手続き

 2022年3月をもってauが3Gを停波するというので、
昨年1月に、12年5ヶ月使ったW52SをKYX31へ機種変更しました

が。

3G停波の影響は、これで終わりではなかったのでした。

なんと、
UQ mobileまで、
今使っているSIMカードだと、同じ2022年3月で使えなくなる
というのだ。
どゆことっすか…アンテナピクトんとこに思いっきし「4G」って出てるやん…
と思ったのですが、
あれか、
Cメールだけ3G使ってたりするのか。

 3月から、
VoLTE非対応のSIMカードからVoLTE対応SIMカード(マルチSIM)への変更が、
いつもなら3,000円(税別)かかるところが、
実質無料になるとのことで、
さくっとSIMカードの変更手続きをしました。
実質無料、というのは、
いったん変更手数料の請求は来るのですが、
翌月以降の通信料から手数料分を減額することで、
無料になるようにするようです。
ややこしいなおい。





f:id:zenzaburoh:20210307032910p:plain
 変更手続きの画面。
microSIMカードは、一昨年の9月で受付終了しています。
なので、「SIMカードを選択してください」といっても、
出てくる選択肢が「VoLTE用マルチSIM」一択。
後日対面受け取りののち、
my UQ mobileで回線切替をして、
新しいSIMカードで通信ができるようになります。





新旧並べてみた。
 とりあえず開封して、前のSIMと並べてみる。
あっちゃこっちゃにSIM出し入れしているせいで、
nanoSIMもどきの端子が、ずいぶんなことになっています…

SIMロック解除コードの取得がてら、
au版XZに新しいマルチSIMを入れて、
海外版XZで切替の手続きをしました。





回線切り替え。
 切替した瞬間に消えるアンテナピクト。
空いていたのか、
ものの5分ほどで、新しいSIMカードのほうで通信ができるようになりました。





台紙にしまう。
 前のSIMは、新しいSIMが入っていたホルダに。
こうやってはめてみると、
まー我ながら上手に切り取ったもんだと感心しました()
5年間お疲れさまです。
ちょん切られて、若干厚みの足りない空間を頻繁に出し入れされて、
よく頑張ったもんだねぇ。

------------

 実は、マルチSIMに変えたいと思ったことは何度かありました。
が、
ご存じの通り、ケチるところはとことんケチる性分なので、
変更手数料がいやで、ずっと古い遺産を引きずっていたのでした。
何度か書いていますが、
私がスマホを持ったのは、
職場の先輩からauXPERIA Z1を戴いたのが始めで、
そのZ1が、マルチSIM非対応だったので、
UQ MobileをmicroSIMで契約したのでした。

 次に戴いたのはauXPERIA Z4だったのですが、
Z4はマルチSIM専用機でした。
その時の私は、SIMカードの類にはまったく疎く、
nanoSIMとマルチSIMの違いを知らなかったため、
ネットで「切ればnanoSIMとして使える」というのを見て、
わざわざPDFを寸法通りに印刷して、
デザインナイフと紙やすりで、nanoSIMに仕立て上げたのでした。
まあ、使えませんでしたけども…。
壊れたSDカードを剝いで、
その側をくり貫いてアダプタ作って、Z1に戻したのでした。

 そのときに、SIMカード変更のことを考えたのですが、
マルチSIMへの変更は、SIM再発行と同じ扱いで、
3,000円(税別)が必要とのことでした。
高ぇ…と思って、そのままにしているうちに、
Z1は電池残量を3割ほど残して落ちるようになり、
「電池持たなくなったなー」なんて思っていたら、
電池が膨らんで背面が剥離し始めたため、
2018年12月9日に、ヤフオクで「純正品」…の皮を被った電池を1,430円で購入。
なんだよンニ-エリクンンて。
PSEマーク謳った非純正のほうがまだええで…
なんでも勉強っす。 世の中そんな甘ない。
途中海外ROMを焼きAndroid5.1.1にしたりしながら、1年調子よく使ったのですが、
GPSの不調が来てしまい、違う機種を探すことになりました。

 さすがにnanoSIMとマルチSIMが違うってことくらいは覚えていたので、
au版のXPERIAで…と探したら、nanoSIMのZ3が最後らしい。
OSは、Z1がAndroid4.4.2なのに対して、au版Z3は5.0.2。
某オークションで漁ったのですが、
この機種、タッチパネルの不良が多すぎる。
頑張って大丈夫そうなものを探して、
2019年11月26日に、送料合わせて2,845円で購入。
…Z1の電池も合算してしまうと、3,300円超えてますけどね…
ただ、これがけっこうあたりで、
ついこないだお役御免になるまで、満充電から3日弱電池が持つくらいでした。
Z4の電池持ちがまあ最悪だったので、これはこれで正解でした。
この時点で、すでにauXPERIA XZも戴いていましたが…

 よくもまあ2014年製のスマホを後生大事に使っていたなという話ですが、
なんだかそろそろ新調したい…という欲と、
職場の別のかたから戴いていたdocomo版Z5が、nanoSIMも対応だったこともあって、
au版でなければ、nanoSIM使えるのでは…
ということで、
Z1、Z4に続いてXZも戴いていたにもかかわらず…なのですが、
というより、
XZを2年ほど使って、この筐体をすっかり気に入ってしまっていたので、
(要GPSのゲームをしているので、
国内キャリア版XPERIAGPSの拾いの悪さに閉口気味だったのもありますが…)
去る2月23日、海外版のXZに手を出してしまったのでした。
送料込みで5,750円。
SIMカード変えろよ。
相場なんか知ったこっちゃないですが、
前のオーナーさんの使用頻度が低く、
…なによりいいかただったので(重要)、
安かったと思い込んでおります。
案の定、ちょん切ったnanoSIMもどきも問題なく認識され、
ちゃんと通信できました。
さすが海外版、
カメラのシャッター音が鳴らないんですね。
…スクショの音がばっちり鳴るんですが…
写真なんて、やましいもの撮ったりしないんで、鳴ろうが鳴らまいがいいんですが、
ゲームのスクショは…どーしたもんかなー。

 その後2週間もたたずにマルチSIMに変わるなんて、
まったく考えちゃいませんでしたが…au版XZ使えるようになっちゃったよ…!

 変更手続き、
実質タダ、
この響きだけで、わりと勢いでSIMカードの変更手続きをしてしまいましたが、
冷静になった今、
ジャンク漁る意味が半減することに気づいて、
なんともいえぬ寂しさに浸っています。
何度か行って、あんだけまた行きたがってた大須も、
ジャンクといえど実用品を求めて行っていたわけで、
マルチSIMに変わったことで、狙う端末が半分くらいになりそうです。
古いパソコンはウン百台集めて、完全に趣味と自分で言い切れる状態ですが、
スマホはねぇ…まだそんな境地には至っておらんのです。

春の香りをたのしむ

 しょうもない記事を書く練習。
昔はたくさん書いてたはずなんですけどね…
固くなっちゃったなぁ。





畑に出てたふきのとう。
 先週祖父母と畑に寄ったらば、ふきのとうが出てきました。
まだ戴くには早いってんで、
一週間あけた昨日、採ってきました。
小学校の国語の教科書の影響っちゅうのは偉大なもので、
『ふきのとう』と聞くと、
寒くて薄暗い竹やぶの情景がすぐ思い浮かぶ。
たしか、お寝坊さんの春風が太陽に叩き起こされていたはずだ。
私は今日も9時起床です。 なんてこったい。





庭の枝垂れ梅。
 鶏糞やら牛糞やら買い物を終わらせ、家に戻ってくると、
庭の梅の花が、ようやくほころんできていました。
一気に暖かくなったかと思えば、この寒さ。
ぬくたくなるのは、いつでしょうね。
…花粉が嫌な季節ですが、
花だけは、
ようやく冬が終わったっていう感じで、心がうきうきしますね。





天麩羅蕎麦。
 さて、
昨日たまたま仕事が休みで、
気分が乗って、祖父母にまんじゅうを届けたら、
その流れで使役されてしまったわけですが、
帰ろうとしたら、
「あんた今日は暇やろ、ちょっと待っとれ」
と言われ、
待っていたら、さっき採ったふきのとうの天麩羅を作ってくれました。
ちょうど、昨日作った鍋があったので、
そこに蕎麦を入れて、天麩羅蕎麦にしました。
写真は二杯目なので、ちょっと上が寂しいですが…

立ち昇る湯気から香る春。
食べた後のげっぷに、春の香りが乗るのが好きです。

Gentoo Linuxインストールバトル中…

…とまあ、
ことの発端は、ChromiumOSのビルドから始まったのですが、
Gentoo Linuxに手を出しています。
実はこの記事も、導入したGentoo Linuxから投稿をしています。
ちゃんと整理がついたら、
個人的備忘録のために、導入風景(?)を記事にしたいと思っています。

…いますが、
記事にする体力が残るかどうかは不明。
何番煎じなんだろうっていう記事にしかならないだろう、
と思っている時点で、もうすでにやる気が…(汗)

明治時計の目覚し時計

 ちょっと最近ですね、
なんだか置き時計くらいの手頃なものが触りたくなってきましてですね、
立て続けに2つ、
いわゆる「コロナ型」に代表されるような大きさの時計を、
動かない状態で入手しました。





f:id:zenzaburoh:20201202231216j:plain
 そのうちのひとつ。
…そういえば、組み立て後の写真を撮ってないですね(蹴
明治時計の目覚し時計です
こんどちゃんと写真撮ります…
出勤前に手元に届いたので、
ちゃっと分解して油分を落とし、
1時間乾燥させた後に、箱に入れて職場へ持ち込みました。
…今回の時計、
うちに来る時計にしてはめずらしく、
油まみれの状態ではなく、乾いて動かないという状態でした。





f:id:zenzaburoh:20201202231136j:plain 仕事の休憩時間に組み立て。
慌てて分解してたので、ヒゲゼンマイの位置を確認し忘れ、
片振り修正の時にネジ回し滑らせて、ヒゲゼンマイひしゃげましたけど…
というか、もうひとつの時計でも、
位置こそ覚えていましたが、
ヒゲゼンマイに関しては、全く同じことをやらかしているので、
ちょっと反省せねばならんと思います。
…合う道具ないなこりゃ。





f:id:zenzaburoh:20201203002318j:plain
 文字盤には「REPEAT ALARM」、
提げの両側には「C-R」「S-A」のスイッチ。
右側の「S-A」のスイッチはSIRENT-ALARMだと思うのですが、
左側の「C-R」スイッチは…なんの略でしょうね。 片側はREPEATでしょうけど。
三番車にカムがついていて、
スイッチがRに入っているときは、
ベルが30秒おきくらいに鳴ったり止まったりします。

 天真の受けネジに石はなく、
天真ともども摩耗もあるでしょうが…私にはどうすることもできません(
そのまま組み付けて様子を見ていますが、
いまのところ、調子よさげに動いています。
もうひとつ入手した時計もそうでしたが、
ゴトクやベルに歪みがあって、
組み付けると、機械が歪んで止まってしまう状態だったので、
そこだけ修正…といっても曲げるので力技ですが、直して、
しっかり組み付けても止まらないようになりました。
いい音で動いています。 いい音で。

 今更なのでもう慣れっこですが、
まあええ音しますね。
友人とかに見せると、
「枕元においたら寝れんガ」
なんて言われるのですが…